通信の技術

通信の技術

光伝送装置
光ファイバーと光ファイバーをつなぎます。そして、装置は「明りでのコミュニケーション」を理解しています。
明りでのコミュニケーションは、「光の波」によるコミュニケーションです。
いくつかの「光の波」は光ファイバーで流れて、これを「波長」と呼びます。
1つの光ケーブルが向上することは、「光の1つの波だけ」のない昔の日々のすべてで高価な通信方式でした。
(非常に費用がかかります、そして、光ファイバーは総計で何万円にも要するかもしれません。)
1つの光ケーブルによる複合複数「光の波」への技術的な「WDM」は、その時やって来ました。
この「WDM」を使用したとき光のコミュニケーションあらゆる波を識別することができるために
1つの光ケーブルでより多くのコミュニケーションを行うことができたので、光ファイバー費用効果は
よくなりました、そして、それは現在の主流通信方式でした。

光ケーブル方式と銅線方式
現在の一般的な家族をインターネットに残す前に、伝達チャンネルと呼ばれている箱の途中で行く
ことが必要です。この伝達チャンネルの使用への一種のケーブルとして、主流ものへの2種類は
現在あとに続いています。
光ケーブルを用いた電話・Light方法(FTTH)のための銅のワイヤーを用いた・XDSL方法
この光ファイバーを用いた方法は、来たるべき高速コミュニケーション時代をサポートします。
言われたとても起こられた主流です。
このテーマになっている光ファイバーを用いた方法は、光伝送装置とIP移動装置の2つで造られます。

copyright(C)通信技術最前線